プラグインを使おう

プラグインとは

紙芝居クリエーターでは、さまざまな動作をLuaという言語を使い自動化することが出来ます。
このLuaで記述されたファイルをプラグインと呼びます。
面倒な動作を一括化することで、作業速度を上げることが出来るでしょう。

プラグインを使ってみる

紙芝居クリエーターには、最初からある程度のプラグインが入っています。
使う方法は簡単で、メニューのプラグインから選ぶだけです。

プラグインを自作する

プラグインの中身はLua5.0によるテキスト形式です。
なので、メモ帳を含む各種テキストエディタでプラグインを作ることが出来ます。

メニューのプラグインの中にあるプラグインエディタを選択すると、テキストウインドウと共にプラグインの初期構文が出てきます。
このまま編集してプラグインを作るもよし、コピペしてテキストエディタで作るのもOKです。

Luaの構文に関する詳しい事は、ネット上でLuaとググれば、簡単にリファレンスが出てくると思います。
また、紙芝居クリエーター特有の関数や変数は、紙芝居クリエーターフォルダの「プラグインについて」というテキストファイルに書かれています。

作ったら拡張子を「kpi」にして、紙芝居クリエーターのフォルダにある「plugin」フォルダの中に入れます。
後は紙芝居クリエーターを起動しなおせば、プラグインが紙芝居クリエーターの起動時に読み込まれます。

プラグイン自作時の注意点

Luaの構文が間違っていると、紙芝居クリエーター起動時に弾かれて、間違っているファイルは読み込まれません。
Luaの構文は合っているが、処理が間違っていて実行時にエラーが出ると、何もメッセージが出ることなく途中で処理が終了します。

一部、「プラグインについて」に書かれていない変数などもあるようです。
それらはすいぎんPに聞くしかありません。

補助ツール

紙芝居クリエーターを使う際に便利な補助ツールを作りました
素材のパスを編集するソフト「紙芝居クリエーターリソースエディタ」と
Vistaで音声編集ができない問題を回避する「Kamikuri-Bandaid」です
どちらもhttp://suiginp.blog110.fc2.com/blog-entry-37.htmlのプラグインの詰め合わせよりダウンロードできます
よろしければお使いください

ウィルフレムP

コメント

コメントはありません。 コメント/プラグイン?

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-27 (火) 00:32:05 (2915d)