紙芝居クリエーター 基本編

導入編

1.紙芝居クリエーターのダウンロード

紙芝居クリエーターのダウンロード【2012/05/05 v1.1.0f版】
http://b.suigindo.com/archives/65

プラグイン詰め合わせ
http://suigindo.com/kgen/up/

2.ダウンロードしたファイルの解凍

ダウンロードしたzipファイルを解凍ソフト(Lhaplus や WinRAR など)で解凍
 zipファイルを解凍する…という意味がわからない人は『zip 解凍 方法』などで検索してみよう

3.中身の確認

解凍されたフォルダの中身を確認しましょう【2012/05/05 v1.1.0f版】 

*ソフトによっては解凍した段階で空のフォルダが削除されてたりします
ruleフォルダやtempフォルダが無い場合は新規作成しましょう

  • 素材フォルダ
  • tempフォルダ
  • ruleフォルダ
  • pluginフォルダ
  • resフォルダ
  • docフォルダ  ↓以下docフォルダ内
  • バージョンまとめ.txt
  • ガジェットについて.txt
  • テキスト処理モジュール.txt
  • プラグインについて.txt
  • 音声トラック使用について.txt
  • 新規モーション.txt
  • 素材関連.txt
  • 動画読み込みreadme.txt
  • 連番アニメreadme.txt   ここまで。
  • gadgetフォルダ
  • confフォルダ
  • 変更点(必読)_.txt
  • はじめに.txt
  • バージョン操作について.txt
  • kgen.exe
  • lib_str.dll
  • loadavi.dll
  • Lua51.dll

以上のフォルダおよびファイルがあるか確認できましたか?

4.音声トラックの追加

下記URLより「WAVEFLT2」をダウンロード・解凍(展開)してください
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014492/

その中から「waveflt2.exe」だけを先程中身を確認した「kgen_xxxx」フォルダに移動してください
移動先で「waveflt2.exe」をダブルクリックするとプログラムが読み込まれます
紙芝居クリエーターを起動すると音声トラックが2本追加されてます

今のところWaveファイルのみの対応となっています
 詳しくはdocフォルダ内の『音声トラック使用について.txt』を読んでください

5.プラグインの導入

別途にダウンロードしたzipファイルの解凍
解凍されたフォルダ内のファイル(.mpi や .kpi など)をpluginフォルダにドラッグ&ドロップ
 全部を入れるとFFS選択が煩雑になるので、まずは必要なものだけを

これでプラグインの導入は完了です。簡単ですね♪

すいぎんP作の標準プラグインの他にも有志による改造プラグインが存在します
 サポート外なのですいぎんPに質問などはしないように

同封されているtxtファイルはしっかり読むようにしましょう!

応用編 プラグインを使おう

紙芝居編

さあ、いよいよ紙芝居の作成です
最初は誰もわからない事ばかり、焦らず慣れていくところから始めましょう

1.紙芝居クリエーターの起動

kgen.exeをダブルクリックして紙芝居クリエーターを起動

2.素材の追加

SS準備中
素材フォルダからデフォルト素材を追加してみましょう

3.シーンの作成

素材からのドラッグ&ドロップ作業

�Base(背景)
�Message(文字)
�Layer(人物)

パネル
 →【F1】素材
 →【F2】効果
 →【F3】プロパティ
 →【F4】レイヤ編集
 →【F5】メッセージ
 →【F6】メッセージレイヤ編集
 →【F9】シーンプレビュー
よく使う機能のためファンクションキーにショートカットが設定されています
 無理に覚える必要はありません。まずは一連の流れに慣れてください

 *「ファイル」タブの「ホットキー設定」でショットカットの設定が出来ます
  重要な「シーン追加」をF7、F8辺りに設定しておくと楽です

[▼]でタイムラインにシーンを追加

以降これら作業の繰り返しになります

応用編 トランジションを使おう
応用編 プラグインを使おう

4.シーンプレビュー

シーンプレビューで紙芝居を見てみよう

シーン
 →【F9】シーンプレビュー

スペースキーで再生します

※プレビューの際は再生し続けることによって音ズレが発生します
 「ズレたかな?」というときは、スペースキーで一旦停止してみて下さい

5.紙芝居を保存する

作った紙芝居を保存しよう

ファイル
 →別名で保存(上書き保存)

長い紙芝居を作る時はバックアップのつもりで頻繁に保存するようにしましょう

6.紙芝居を動画出力する

作った紙芝居を動画としての出力してみましょう

ファイル
 →動画出力

因みに動画出力の下の音声出力から先に行うと、出力終了時に「動画ファイルとの連結」を聞かれます
これを行う事で動画と音声が一つのファイルとして出力されます

編集編

WMM(Windows ムービーメーカー)を使った編集の説明
初心者だけど手軽に動画を編集したいという人向けです

1.WMMの起動

スタートメニュー
 →プログラム
  →アクセサリ
   →Windows ムービーメーカー

2.編集

ドラッグ&ドロップ作業

3.動画を出力する

ファイル
 →ムービーファイルの保存
  →ムービーのファイル名と保存場所を選択(任意)
   →詳細選択の表示...
    →その他にチェックを入れ、ローカル再生用ビデオ(2.1Mbps)を選択

アップロード編

動画共有サイトなどにアップロードする方法の説明
ここでは(おそらく)最も簡単だと思われるもの紹介します

1.mp4ファイルに変換する方法

ニコエンコのダウンロード
ドラッグ&ドロップ

あとはアップロードするだけです

2.flvファイルに変換する方法

ダウンロード
ドラッグ&ドロップ

あとはアップロードするだけです

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • ニコエンコが使えなくなってしまったので別の方法の記載をお願いします。 -- 2015-04-04 (土) 18:40:46
  • このWiki、最後の更新が2013年11月か・・・。てことはもう完全に放置されてるのね。 -- 2015-05-22 (金) 12:06:31
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-15 (金) 02:24:04 (2133d)